2009年09月26日

コックが解ける!ターフが取れない!

お悩み相談


HC13です。
コックがすぐ解けてしまいます。ふらふら

もちろんターフもとれません。ちっ(怒った顔)


いろいろな克服方法を直接習ったりもしましたが、
まったくなおりません。手(パー)


アドバイス


先ず、リストコックが直ぐにほどける事について

お話し致します。



1. 基本のゴルフスイングでは
  リストコック(手首)は固定してはいけません。禁煙


  野球でボールを投げるとき、
  手首を固定して投げないのと同じです。野球ドコモポイント

2. 
スイング中、手首やグリップをできるだけ
  柔らかくして練習されることを
お勧めします。ひらめき

3. 
それを実行するには、グリップ圧と手首に
  無駄な力が
入らないようにする事です。手(グー)

4. 
スイングやショットする前に、ひよこを手で
  掴んでいる程度の
力加減でスイングします。ゴルフ
  (クラブが飛んでいかない程度)

5. 
尚且つ、手首をグニャグニャ動かして
  力が入っていないことを
確かめてから
  毎回ショットするように心がけてください。パスワード

6. 
但し、左手に関してはほとんど手首の角度は
   変わりません。exclamation&question

   左手は手首の角度が変わらずに、バックスイングでは時計回りで
   ダウンスイングでは反時計回りに腕が回転するだけなんです。時計

7. 
右手に関しては、右肩方向
   (もしくはそれより少し外側)へコックします。 約45度
   
ダウンスイングではその反対方向へ開放します。右斜め上左斜め下


この17の事を腕の力に頼らずに
肩の回転で、自然で素直に柔らかく行う意識が重要です。手(グー) かわいい


ダウンからフォロー.jpg


次にターフが取れない事についてです。


1. ターフが取れるようなスイングとは、
  ダウンブローにショットする事です。左斜め下

2. 
それには、スイング軌道の最下点の位置を、
  ボールよりターゲット側に
移す必要があります。end

  上から下へボールを打ち込む!とか
  ボールを叩きつけるということではないんです。

3. 8番、9番、Pの
アイアンで、ドライバーで打つ時に位置するところへ
   
ボールを置いてショットする練習をしてみて下さい。るんるん

  
普段の位置より、かなりターゲットよりにボールを
  置いて打つという事です。

4. 
そこで注意点があります。

● それは必ず、ビハインド・ザ・ボールiモードでスイングする事です。
  顔
の位置はトップからフォローの間でターゲット側へ移動しない。

  (これは普段のボール位置での話しです)

● トップからダウンで手が右腰の横へ下りてくるまでは
  リストコックを保った状態(左腕とシャフトの間が約90度)で
  そこからフォローまで一気にリストコックを解放する意識です。  

この事を確実に行うには目「縦理論」と 
「上げきる」そして「下げきる」動きが必要となるでしょう。


頑張ってくださいネ!虹


ご健闘、ご活躍を期待しています。手(パー)わーい(嬉しい顔)
 

もっと知りたい方はこちら↓ TV

http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/
http://yunakabe.seesaa.net/


ポチッと応援よろしく
お願いしま〜すモバQ

 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

posted by nakabe at 13:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダウンブロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128892415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。